ヨーグルトで痩せ菌を増やすなら!食べ方と選び方をまとめました

ヨーグルトで痩せ菌を増やすなら!食べ方と選び方をまとめました

痩せ菌として働いてくれる善玉菌が含まれる食品といってすぐに思い浮かぶのが「ヨーグルト」ではないでしょうか。

実際にお腹の調子を整えるといった、健康や美容目的で普段からヨーグルトを食べるようにしている人もいますよね。

そこで今回は、腸の中の善玉菌・痩せ菌を増やすためのヨーグルトの「食べ方」と「選び方」について紹介していきます。

痩せ菌を増やすためのヨーグルトの食べ方

痩せ菌を増やすヨーグルトの食べ方

ヨーグルトを食べるタイミングがポイント


ヨーグルトを食べて腸の中の善玉菌(痩せ菌)を増やすには、
いかに善玉菌を生きたまま腸に届けるか
がポイントです。

そして、生きた善玉菌を腸に届けるにはヨーグルトを食べるタイミングが大事です。


ヨーグルトに含まれる善玉菌の多くは、胃酸や胆汁に弱いという特徴があります。

そのため、ヨーグルトを食べても、せっかくの善玉菌が胃酸の影響により腸に届く前に減ってしまい、効果が下がってしまうかもしれないんです。

では、ヨーグルトに含まれる善玉菌をできるだけ多く届けるにはどうすればよいのか?というと、
「食後に食べる」ことをおすすめします


その理由は、胃の中の胃酸の濃度(濃さ)に関係します。

空腹の時の胃の中は、食べたものが残っていません。だから胃酸の濃度が高い状態です。

胃酸の濃度が高い時にヨーグルトを送り込んでしまったら、ヨーグルトに含まれる善玉菌が胃酸の影響を受けやすくなってしまいます。

対して食後の場合は、胃の中に食べたもの・飲んだものが残っていますよね。

ということは、胃酸も食べたもの・飲んだものによって薄まっています。
だから、善玉菌が胃酸の受けにくくなり、胃を通過しやすい、というわけです

ヨーグルトと◯◯を一緒に食べるとより効果的


ヨーグルトで腸の中の善玉菌(痩せ菌)を増やすなら、ヨーグルトと合わせて善玉菌のエサになる食品を食べることも効果的です。

おすすめは、バナナ、リンゴ、キウイといった果物や、ドライフルーツはヨーグルトに食物繊維を多く含む食品。

善玉菌(痩せ菌)が腸の中で食物繊維を分解する時に、短鎖脂肪酸はダイエットに有効な成分を作ります。

この短鎖脂肪酸こそ、「脂肪をため込みにく」「エネルギーを消化しやすく」してくれるという、痩せ菌のダイエット効果そのものともいって良い成分です。

また、善玉菌のエサとなるオリゴ糖とヨーグルトと一緒に食べれば、腸の中の善玉菌を元気にして増やしてくれるという効果も期待できます。

ヨーグルトの酸味・酸っぱさが苦手、少し甘さが欲しという場合はオリゴ糖の甘味料を混ぜて食べるのもおすすめですよ。

痩せ菌を増やすためのヨーグルトの選び方とおすすめ3商品

痩せ菌を増やすためのヨーグルトの選び方

ヨーグルトを選ぶ時のポイント


では、善玉菌・痩せ菌を増やすという目的で選ぶなら、どんなヨーグルトが良いのでしょうか?

それほど大きくないスーパーでも、複数のヨーグルトが売られているように、世間にはたくさんの種類のヨーグルトが売られていますよね。

ただし、売られているヨーグルトそれぞれで、含まれている成分や善玉菌の種類も違います。だから、選ぶヨーグルトによって期待できる効果にも違いがありまです。

そして、善玉菌・痩せ菌を増やすおすすめなのは、
  • トクホ(特定保健用食品)
  • ビフィズス菌が含まれている

ヨーグルトを選ぶことです。


※この2つの条件に当てはまらないヨーグルトがダメというわけではありません。
「トクホ」で「ビフィズス菌を含む」ヨーグルトのほうが、効率的に痩せ菌を増やせる可能性が高いということだと理解して下さい。


トクホ(特定保健用食品)とは、科学的根拠を示して、商品のパッケージ等にその効能を表示することが許可された食品のこと。

消費者庁による許可けることでトクホとして扱うことができるものですから、一定の効果を認められた食品ということを意味します。

また、ヒトの腸内の善玉菌は、ほとんどがビフィズス菌だと言われています。腸に棲むビフィズス菌と乳酸菌の割合は、何と99.9対0.1なんだとか。

つまり、腸内の善玉菌の圧倒的割合を占めるビフィズス菌を摂ったほうが、より効果的だと言えるんです。

が、市販のヨーグルトには乳酸菌は含まれているものの、ビフィズス菌は含まれていない、とういう商品も少なくありません。

ビフィズス菌が含まれていることが明記されているヨーグルトを選ぶようにしましょう。


ちなみに、低脂肪ヨーグルトというのも市販されていますが、こちらかあまりおすすめできません。

低脂肪ヨーグルトというのは、ヨーグルトを薄めることで脂肪の量を減らしたものです。

薄めてある分、善玉菌の量も少なくなってしまうからです。

おすすめヨーグルト3選


ここからは、
  • トクホ(特定保健用食品)
  • ビフィズス菌が含まれている

という2つの条件に合ったヨーグルトをご紹介します。

ビヒダスプレーンヨーグルト

スーパーのヨーグルトコーナーで売られているのも目にすることも多い、森永乳業のビヒダスプレーンヨーグルトです。

ビフィズス菌BB536という、ヒトのカラダから発見されたビフィズス菌が含まれています。
また、他のビフィズス菌と比較しても胃酸などに強く、生きたまま腸に届きやすい特徴があると言われています。

ナチュレ恵 megumi

赤を基調としたパッケージが印象的な雪印メグミルクの「ナチュレ恵」も、食品売り場で見かけることの多いヨーグルトですね。

ガセリ菌SP株、ビフィズス菌SP株という2種類の善玉菌が含まれているのが、ナチュレ恵の特徴です。

生乳100%ヨーグルト

続いては、小岩井乳業の生乳(なまにゅう)100%ヨーグルトです。

生乳100%ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12というもの。

難しい名前のこのビフィズス菌も、酸に強いので生きたまま腸に届きやすいとう特徴があります。

あなたに合ったヨーグルトの選び方


「トクホ」「ビフィズス菌」という2つの条件にあてはまるヨーグルトを紹介しましたが、紹介した3つのヨーグルトを見ると、スーパーなどの食料品売場で普段から売られているのがわかりますね。

では、どのヨーグルトが1番良いのかというと、



・・・
・・・・・


これが、ちょっと難しいんです。

あえて答えを言うと「人それぞれ」というのが、いちばん正しい説明なんです。


腸の中に棲んでいる善玉菌の種類とその割合はヒトによって違います。

だから、あなた腸の中の善玉菌の状態に近いヨーグルトを食べる(選ぶ)のが良いんです。


でも、自分の腸の中の善玉菌なんてわかりませんよね。

ではどうするかと言うと。「実際に食べてみて、変化があるかを確認する」という方法で、あなたに合ったヨーグルトを探すことをオススメします。

確認方法は難しくありません。

①2週間毎日同じヨーグルトを食べる

②便お腹に変化があるかを確認する

これだけです。


で、排便のスムーズさ、リズム、便やお腹の形状に良い変化があれば、それがあなたに合う善玉菌を含んだヨーグルトと判断できます。

変化がない、あまり良くない変化があったという場合は、他のヨーグルトを同じように試して下さい。

まとめ


ということで、ヨーグルトで痩せ菌を増やすための食べ方や選び方というテーマで、
  • 食後に100g食べるのがおすすめ
  • トクホで、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトを選んだほうが良い
  • どのヨーグルトが良いかは、あなたの腸の中の細菌しだい
  • 同じヨーグルトを2週間続けてみて、お腹の調子や便に変化があるかを確認する

といったことをお伝えしました。

参考になれば幸いです。