運動不足でデブ菌が増える!?痩せ菌を増やすための体操を紹介します

運動不足でデブ菌が増える!?痩せ菌を増やすための体操を紹介します

痩せ菌ダイエットというと、食事やドリンク、サプリメントといった、食べたり飲んだりするものをイメージするかもしれません。

ですが、痩せ菌は食べ物・飲み物だけでなく、運動にも関係してきます。
何より、運動不足は痩せ菌の敵、デブ菌が増えてしまう原因。

ということで、運動不足と痩せ菌・デブ菌の関係や、おすすめの運動・体操についてお伝えしていきます。

運動不足は腸内環境を悪くしてしまい、デブ菌を増やす


運動不足が健康に良くないのは、誰もが知っていることですよね。
腸内環境にとっても運動不足は良くないのは例外ではありません。

つまり、運動不足は痩せ菌ダイエットの効果を下げてしまうという結果を招くのです。

運動不足の状態だと、腸内の悪玉菌、つまりデブ菌が増えてしまいます
デブ菌は、痩せ菌ダイエットの敵。ダイエットどころか太りやすいカラダになってまうのです。。

腸内の細菌のバランスが悪玉菌優勢の状況になると、善玉菌である痩せ菌の働きも弱くなります。結果として、思うようにダイエットできないということ。

運動不足は悪玉菌が増えやすくなるので、善玉菌の働きが弱くなり結果として痩せ菌が増やせない(減る)というのが、運動と痩せ菌の関係なのです。

運動というのは、カロリーを消費する・脂肪を燃焼させるというだけでなく、腸内環境を整える効果もあるということですね。

では、どんな運動をすればよいのでしょうか?
ここから先は、そんな疑問についてお答えしていきます。

運動不足を解消して痩せ菌を増やすための体操

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす体操で運動不足を解消!

適度な運動で十分!


悪玉菌(デブ菌)を増やさない、そして腸内環境を整えるための運動としては、ウォーキングやヨガ、ストレッチ、簡単な体操などがおすすめです。

そうなんです!激しい運動は必要ありません。
軽い運動でOKです!


適度な運動を継続することが大事、と考えて下さい。

心地よい程度の運動は腸の活動を活性化してくれるので、腸内細菌のバランスだけでなくお通じにも効果的。結果として、悪玉菌が減るので、痩せ菌の働きを促進してくれます。

ウォーキングは、普段歩くペースより少し早い速度で、腕を大きく振ってあくと効果的です。
30分位が理想ですが、普段歩く道を早めに歩いたり、少し遠回りするだけでも効果はありますよ。
電車やバスで通勤している場合は、1駅手前で降りて歩くという方法もありますね。

おすすめの体操・ヨガ・ストレッチ


ウォーキングする時間がないとか、天候の影響を受けずに自宅で済ませたいという場合は、ヨガやストレッチ、体操をしましょう。

「世界一受けたい授業」という人気番組では、痩せ菌を増やすための、”ぐにゃぐにゃスカイツリー体操“という体操が紹介されて話題になったことがあります。

やり方はカンタンです。

【ぐにゃぐにゃスカイツリー体操のやり方】

(1)肩幅くらいに足を開き、左右の手を挙げる

(2)肩甲骨を引き寄せるように両手をクロスする

(3)この状態で息を吐きながら左→右→前の順に体を倒す動きを、1分繰り返す

1分で済むのが嬉しいですよね。

説明動画も見つけたので合わせて参考にして下さい。




また、ラジオ体操でも良いですし、ストレッチやヨガでも効果が期待できます。

腸内環境改善を促すヨガ、ストレッチの動画をいくつか紹介しておきますね。気に入ったものがあれば、実践してみて下さい。







まとめ

今回は、腸内環境と運動の関係、そしてデブ菌の増殖を抑えて、痩せ菌の働きを促す運動・体操を紹介しました。

激しい運動ではなく、適度な運動で十分なので、ぜひ取り入れてみて下さい。